リテールビジネス研究所

R・B・Kおもてなし調査隊がいく!今月のPATROLvol.72~77

年間1,300以上のショップを見ている専門調査員「R・B・Kおもてなし調査隊」がリアルな現場をレポートします。

今月のPATROL vol.72

vol.72
2019 July

[ 洋服の青山 ]

今日中に商品が欲しいのに、
在庫がない!! その時スタッフは・・・・

shopimage

SHOP DATA>>>洋服の青山 世田谷千歳台店

東京都世田谷区千歳台3丁目30番7号
関連URL:https://www.y-aoyama.jp/

おもてなし評価
総合 挨拶 grade
100点 笑顔 grade
パーソナルな対応 grade
grade 再来店したいか grade

機転を利かせ、ベストを尽くしてくれたスタッフに心から感謝します。 by 調査員Y.M

この春、息子の就職活動が始まり、「明日は本命の会社説明会!」という日の出来事です。息子が思いのほか成長しており、以前から用意していたスーツが小さくなっている事に気付きました。「なぜ今日まで気付かなかったのか」などと悔やんでいる暇はなく、我が家から車で5分の場所にある「洋服の青山」へ急行しました。

緊急時は、リアルショップが迅速に対応! フェイストゥフェイスで会話をし、お客様の思いを満たす為に、ショップスタッフは考え、行動してくれた大変嬉しい接客。小売りは思いを満たす素敵なスペースだと実感!

丁寧で親切なスタッフの対応は完璧!
副支店長まで出て来てくれました。

店内に入ると、全てのスタッフから明るい笑顔で挨拶され、一番近くにいた女性スタッフがすぐに声を掛けてきてくれました。事情を話すと、すぐに2階の陳列場所に案内され、長身の息子に合う一番大きなサイズを一緒に探してくれました。
しかし、息子に合ったサイズがなく、スタッフは「在庫を確認してまいります、少しお待ち下さい」と小走りに離れていき、しばらくすると、男性スタッフを伴って戻ってきました。

近隣他店舗にまで在庫の問合せをしてくれ、
手筈もバッチリのはずでした。

副支店長は丁寧に名乗り、在庫がない事を詫びてくれました。がっかりするこちらに、「近くの店舗には在庫がありますので取り寄せ致しますが」と言ってくれました。わざわざ他店舗に問合せしてくれた事に感謝し、「どうしても本日中にスーツが欲しいのでこちらが出向きます」と伝えると、在庫キープの連絡をしてくれ、「こちらを見せればすぐにわかるようにしてあります」と名刺をくれました。「やれやれこれで間に合った」と胸をなでおろし、出口に向かっていると、先程の女性スタッフが血相を変えて「お客様、ご自宅はお近くですか」と追いかけてきました。「なんだろう、嫌な予感がする」

スタッフからの想像を超えた提案に深謝。
最後まで素晴らしい「おもてなし」でした。

在庫があった店舗は店内で裾上げが出来ない為、今日中には受け取れないとの事。そこでスタッフから驚くべき提案がありました。それは「こちらが一旦自宅に戻り昼食をとっている間に、スタッフが店舗に行き商品を受け取り、その後こちらが再来店して裾上げをしてもらえる」というものでした。途中連絡もマメに下さり、安心してお任せする事が出来ました。ぴったりのサイズのスーツを試着した息子を見て、安堵と共に感謝の気持ちで一杯になりました。本当に素晴らしい対応でした。駐車場を出る時、バックミラーに映った副支店長とスタッフの笑顔が今も忘れられません。

ご利用上の注意

R・B・K CS調査の文書の著作権は、R・B・Kに帰属します。情報を利用する際には、営利目的による複製等、著作権法上の利用はできません。無断転記、転用を禁じます。

BACK NUMBER